下田の風景 下田の魅力は『S級サザエ』だけではありません!

下田には、あなたの気持ちを揺さぶってくれるたくさんのキーワードが満載です。下田に来て、下田を楽しみ、そして『下田S級サザエ』を堪能してください。

ペリーロード・キャンドルカフェ 蓮台寺・枝垂れ桃 白浜大浜海水浴場 下田港・遊覧船 田牛・竜宮窟
白浜・三番叟 吉佐美大浜・マリンスポーツ 下田太鼓祭り 大川端・船着場 ペリー艦隊上陸記念碑
スノーケリング体験 金目鯛 なまこ壁 黒船祭 下田公園より
外浦海岸 下田の魅力といえば、なんといっても『海』。
毎年静岡県で行われる海水浴場水質調査においても、下田市内にあるほとんどの海水浴場が最高ランク「AA」。 透明度の高い海水と白い砂浜は、沖縄や海外の島々にも負けません。
下田の海のもう一つの特徴は、9つの海水浴場。
大きな浜から家族連れ・女性向けのアットホームな浜辺、全国的サーフスポットから波静かな入り江の浜など、 それぞれが個性豊かです。 もちろんマリンスポーツは、サーフィン、ウインド、スノーケリング、ダイビング、シーカヤック…。存分に下田の海を満喫してください。

詳細は下田市観光協会まで。
吉佐美大浜

下田市内海水浴場
白浜中央海水浴場 白浜中央海水浴場
護岸に囲まれており、海水と白砂のコントラストが綺麗です。バーベキューエリア(夏季期間のみ。有料・予約制)を設けてあるのも人気のひとつ。
白浜大浜海水浴場 白浜大浜海水浴場
毎年30万人以上の方が訪れる伊豆最大規模の海水浴場。サーフィンやライフセービング等、全国規模の大会も頻繁に開催されています。
九十浜海水浴場 九十浜(くじゅっぱま)海水浴場
市内で一番小さな海水浴場ですが、穴場的スポットとしてリピーターが多いのもこの海の特徴。周囲には自然豊かな爪木崎自然公園。
外浦海水浴場 外浦海水浴場
波の静かな入り江の海水浴場で、のんびりと海水浴を楽しみたい方におススメ。家族連れに大人気。
鍋田浜海水浴場 鍋田浜海水浴場
地元の子ども達に人気の海水浴場。近くにある大浦の磯で、生き物観察ができるのも人気の理由。こちらの波も穏やかです。
多々戸浜海水浴場 多々戸浜海水浴場
全国的にも有名なサーフスポットで、夏季以外にもサーファーが多数。白砂のビーチも抜群の景観です。
入田浜海水浴場 入田浜海水浴場
南国ムード漂う海水浴場。こちらも屈指のサーフスポットであり、その美しい景観から映画やテレビのロケ地としても有名です。
吉佐美大浜海水浴場 吉佐美大浜海水浴場
770mの大きな海水浴場。夏季にはビーチバレー用のネットも設置されています。海外を思わせるビーチの佇まいが、実際の海外の方達にも人気。
田牛海水浴場 田牛海水浴場
下田で一番南の海水浴場で、付近には竜宮窟やサンドスキー場も。田牛での宿泊は民宿が中心で、毎年民宿に泊まりながら、海を楽しむ常連さんが多数。
温暖な気候は、四季をつうじて様々な花を見せてくれます。
アジサイ アジサイ
6月の下田公園で、約300万厘の花を咲かせるといわれるのが『アジサイ』。6月1日〜30日にかけて『あじさい祭』が開催されます。
水仙 水仙
下田市・爪木崎は水仙の名所。青い海と白い水仙の美しいコントラストを見せてくれます。12月20日から1月31日までの期間、『水仙まつり』が開催されます。
はまぼう はまぼう
はまぼうは、下田市吉佐美の大賀茂川河口、数百メートルにも及ぶ『はまぼうロード』で夏場に綺麗な黄色い花を咲かせてくれます。
ハマユウ 浜木綿(ハマユウ)
「ハマユウ」は「ヒガンバナ科」の熱帯植物。田牛のサンドスキー場周辺はハマユウの群生地として知られ、静岡県文化財にも指定されています。
花のカレンダー
種類 開花期間 場所
水仙 12月から1月 爪木崎
アロエ 12月から2月 白浜・アロエの里
はまだいこん 1月から2月 下田市内
椿 1月から3月 下田公園他
3月下旬から4月上旬 稲生沢川沿い他
枝垂れ桃 3月下旬から4月上旬 蓮台寺
しゃくなげ 4月 蓮台寺
アメリカジャスミン 5月 了仙寺周辺
あじさい 6月 下田公園他
はまゆう 7月から8月 田牛
イソギク 9月 市内沿岸部
リトルエンジェル 10月 寝姿山
つわぶき 11月 寝姿山
その他、詳細は下田市観光協会まで。
温泉 癒しのキーワード『温泉』。
たまには旅館・ホテルの大露天風呂で贅沢な気分を味わってはいかがですか?
詳細は伊豆下田温泉旅館協同組合まで。

観音温泉:松崎町との境の山奥に佇む温泉郷。強アルカリ・超軟水で、ヌルっとした感触が特徴。入浴後は、肌がツルツルになるという声も。
相玉温泉(奥下田相玉温泉):認定店「下田セントラルホテル」が自家源泉の宿。アルカリ単純泉。豊富な湯量でのんびり寛いでいただけます。
蓮台寺温泉:下田の奥座敷とも言われてきた閑静な温泉街。開湯より1300年の歴史があると言われています。吉田松陰が温泉療養をしたことでも有名。
河内温泉:弱アルカリ単純泉。「金谷旅館」さんの木造浴舎「千人風呂」が有名です。

足湯 市内には「手湯」や「足湯」の施設も点在しており、観光の途中で温泉に触れてもらうことが可能です。
その他、詳細は下田市観光協会まで。
下田の「S」な食材はサザエだけじゃありません。下田S級食材をご紹介します。
須崎日戻り金目鯛 須崎日戻り金目鯛
水揚高日本一を誇る下田の金目鯛ですが、その中でも脂ののりが抜群に良く、特別な甘みがある最高の金目鯛が下田・須崎地区で揚がる「須崎日戻り金目鯛」。 漁獲量が極わずかなため、地元でもなかなか目に出来ない幻の金目鯛です。(第1回しずおか食セレクション認定商品)
外浦の塩 外浦の塩
下田市の外浦地区で海水を昔ながらの薪炊き天日干しで手間ひまかけてつくっているミネラルたっぷりの塩です。
下田の地酒・黎明 下田の地酒・黎明
下田自酒倶楽部というお酒大好きな下田人たちが自分たちで作った米を酒蔵に持ち込んで作ったお酒です。下記の取扱店で購入可能です。
【取扱店】油屋酒店(吉佐美)、植松酒店(西本郷)、信州屋酒店(2丁目)、下畑商店(相玉)、大黒屋(2丁目)、土藤商店(3丁目)、豊島屋(6丁目)、門前酒店(柿崎)、ねぎや商店(南伊豆町下賀茂)
幕末、ペリー黒船艦隊の来航による日米和親条約の締結により、箱館(はこだて)とともに開港の地となった下田の港。そのためか、この街の景観や文化は、伊豆の他の地域と比べても、独特の印象を持ちます。
黒船祭 黒船祭
下田の開国からはじまった日米交流の歴史を色濃くうつし出す、下田でも最大規模の行事。毎年5月の第3金土日曜日の開催です。 米海軍や自衛隊、海上保安部等の協力のもとで行われている、全国的にも稀有なイベントです。
下田太鼓祭りの『太鼓橋』 下田太鼓祭り
こちらは下田開港より更に古く、江戸初期から始まる下田を代表するお祭り。毎年8月14〜15日に開催されます。 祭りの見せ場は、サカキや矛等で飾られた「御道具」を11台組み合わせて作り上げる『太鼓橋』。 太鼓橋が美しいアーチ状に完成したときには、最高の盛り上がりをみせます。
下田の街なみ 街なみ
『なまこ壁』や『伊豆石』が特徴的な市街地の街なみ。幕末・開国の中心舞台となった史跡も多く残されています。 写真は、下田の代表的観光スポット「ペリーロード」。
その他、詳細は下田市観光協会まで。

(S)スタッフブログ公開中

inserted by FC2 system